2007年01月08日

1月のお料理

七草(1/7(日))が過ぎ、市場&流通もすべて通常に戻るので1/8(月祝)から懐石料理が復活します。今回は珍しく事前に情報がもらえました。いつもこうだと良いんだけどね。。。みっともないし恥ずかしいのよね、お客さんの前でジタバタしたり、質問に答えられないのは。

という訳で1月メニューです。
============================

復活組グッド(上向き矢印) 新竹の子・蕗・わかめの焚合せ、菜の花のお浸し、セリのお浸し

撤収組バッド(下向き矢印) ナシ。

============================
1月のお料理
============================

先付: 正月賑わい七品飾り
    (ごまめ・黒豆・のし梅・松風・穴子昆布巻き・唐すみ・鮭の砧巻き)

前菜: 慈姑(くわい)としめじの白和え 

向付: カンパチ・鯛・子持ち昆布の3点盛り

椀物: よもぎ饅頭の雲丹射込み 吉野仕立て

焼物: 鰆(さわら)の菜たね焼き、蕗の葉 からみ添え
 
焚合: 堀川牛蒡・湯葉・茄子のオランダ煮

揚物: 春野菜の天麩羅 抹茶塩と天つゆで。
    (竹の子・空豆・セリ・菜の花・ふきのとう・かぼちゃ)

酢物: 海老・百合根・はすの琥珀ゼリー寄せ

そば: ミニざる or ミニかけ

デザート: オレンジきんとん 苺入り

============================
posted by クツコリーナ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | a noodle [soba] shop. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

ノロウイルス、再び。

今シーズンで2度目、「ノロウイルス」にやられました。
(実は前回もノロだったのです…)

まずは母が。祖母の入院が長引き、お見舞いに行っているので貰って気やすい環境ではあるのよね(涙)正月あたりから調子悪いとは言っていたのですが、発症したのは1/4(木)。朝から大変でした。医者は5日からだしね。

で、私はまだ「発症」という程ひどくないのですが、、、

位置情報元日〜3日 なんとなく吐き気がするがおせちの食べすぎと判断。
          でもなんとなくガスっぽい。
          食べるとお腹がキューっと痛くなる。
位置情報4日 仕事始め 途中から身体がギシギシと痛くなってくる。
            ヤバイっ!前回関節痛みたいに酷かったから。
            吐き気・腹痛は変わらず続いている。
            深夜に前回処方された薬の残りを飲む。
位置情報5日 随分マシになっていてホッとする。
       医者に行きそびれる。土曜に行くことを誓う。

こんな感じ。
ネットで「ノロウイルス」についておさらいしました。

◆感染経路
 1経口感染
    (ウイルスに汚染された食品を食べてしまう=食中毒)
 2糞口感染
    (保菌者の糞便・吐しゃ物を処理する際に感染してしまう)
 3空気感染
    (保菌者の糞便・吐しゃ物が乾燥し空気中に舞ったり衣服に着いたものを吸い込む)

 風邪のように鼻水やくしゃみで感染、ということはないみたいです。
 (ドコの案内にも書いてないので。)

◆症状
 病院突発的に発症することが多い。
 病院急激な吐き気・嘔吐。(複数回)
 病院腹痛・下痢。
 病院微熱。
 病院全身の痛み。(関節痛のようなもの=TVで観ました)
 病院幼児と高齢者、病中病後、体力の落ちている人は重症化しやすい。
 病院通常は1〜2日で治る。後遺症はなし。
   (ただし荒れた胃腸は多少回復に時間がかかるかも)
 病院酷く発症しなくても風邪のような症状が出る場合がある。

◆治療
台風ノロウイルスに有効な抗ウイルス薬は未だ存在しないので、対処療法に限られているようです。具体的には医者によって処方される抗生物質・整胃腸薬、脱水症が心配な場合は輸液(=点滴)。
 私は感染一回目は吐き気が酷く薬を受け付けなかったので即「点滴(抗生物質、お腹の薬、水分)」を受けました。そのあとは普通に薬を飲めるようになりました。
台風下痢止めを処方される場合もあるようですが、
「体内の菌を出来るだけ出したほうが良いから下痢止めは使わないほうが良い」という説と、
「下痢が重度になると危ないので、酷ければ下痢止めは使う」という説があるよう。
 私も医者には「最後の手段」的な感じで処方されました。

台風家庭では人肌程度に温めたスポーツドリンク(電解質を含み身体に吸収されやすい飲み物)を摂取するように心がけることが大切なようです。甘さがツライ場合は0.9%食塩水(=生理食塩水。100gの水に0.9gの食塩。)をやはり人肌に温めると飲みやすいようです。水や白湯、お茶は吸収が迅速ではないので効果があまりないそうで。
 私は「栄養ゼリー飲料(常温)」の好みの味のものを飲んだりしました。

◆感染予防
 病院疑わしい食品には食品中心部が85度以上、1分以上の加熱。
 病院手洗い。(石鹸では菌を殺せないが洗い流しやすくする。)
 病院使い捨てマスク(汚物の処理なら使い捨て手袋も)で感染物に吸い込まない&触れないようにする。
 病院患者の付近、使った食器には漂白剤をつかう。可能なものは煮沸。
 病院患者の衣服、タオル、シーツなども洗剤で静かにもみ洗いのあと漂白剤を使う。(その上での熱水洗濯&乾燥機の使用がのぞましい)
 病院布団など簡単に洗えないものは、良く乾燥させたあとスチームアイロンや布団乾燥機にかける。
 病院汚物を片付けるときは乾かないうちに。(菌が舞い散る前に)
 病院静かにペーパータオルなどでふき取り、漂白剤で拭いた後、水拭き。
 病院清掃に使った雑巾・ペーパータオル等はビニール袋にまとめ、浸かる程度に漂白剤を入れ、密封して廃棄する。
 病院片付いたら空気を外へ良く換気。

◆流行期間
台風一般的には冬。11月〜2月。
台風インフルエンザ等のように1度感染すれば抗体が出来て同シーズンで2度はかからない…というようにはいかないようです。
 ブログなどの日記を読むと「2度目かかりました」というのは結構多いです。

以上。
主に「Wikipedia:ノロウイルス」と「厚生労働省:ノロウイルスに関するQ&A」の記事からと私の体験談でした。

このブログ内にノロウイルス1回目の記事もあります。
次項有流行ににのりました。」こちらは完全にただの「クツ子の病状日記」ですが。

ノロで苦しんでる方に情報として役立てば幸いです。
posted by クツコリーナ at 03:59| Comment(0) | TrackBack(0) | health care | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。
クツ子当人、このブログ共に、
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

・・・
もちろん新年はお店で迎えました。今回は横浜ならではの汽笛も除夜の鐘も聞き逃しました。前回はビールケース片付けながら聞いてにゃんこに初あいさつをしたのですが…。さみしい。。

今年も私は11:30から1F、夕方から私ひとりで3Fで、17名という部屋に入りきらない団体さんからスタート。その後は8人を2回、4人を2回やって3Fは閉めました。その後は2Fの手伝い&片付け。毎年この疲れてる日に毎月末通り棚卸し(私は酒類担当)をやるので大量の空ビール瓶&1升瓶を片付けながら在庫を数えました。なのに、今年は新年4日(仕事始めの日)に棚卸しと後から言われまたやり直す羽目になるのですが、もちろんそんなことはこの時点では知りません。

全体の傾向としては、空く時間帯がなくずっと席待ちのお客様がいらっしゃる状態が続くという感じでした。で、混んでる時は外まで行列と。大晦日のそば屋で空いてたらヤバイですがね。

でも席の案内順番待ちの間違え、料理の遅さなど、お客さんが怒ってしまうようなことはなかったみたいですし、特にひっくり返るようなトラブルはなかったように思います。(小さいトラブルはいっぱいあるし、私が3Fに行っちゃってからとか知らないトコではあったかもしれませんが。)

ただ、2F&3Fのお客さんが帰ってテーブルをリセットして、1Fに「次のお客様どうぞ」と連絡しても、連絡をレジにしてしまい、席のさばきをやっている社長に伝わらず、その後伝わってもさすがの社長も即2F3Fには捌けず(出来れば大人数を上の階に入れたいとか、事情も有)夕方ちょっとタイムラグが発生してしまいました。ともかくテーブル状況は1Fパントリーに内線またはスピーカーで「直接社長に」伝えるようにする、というのが最大の反省点でした。途中からは私が直接1Fに降りていって人数確認後4人以上のグループは勝手に上げましたが。

あと3Fに事前に大晦日メニューの準備をしておくこと(板さんたちは仮眠をその部屋でとるのでメニューの差し替えが出来なかった)、余剰の座椅子を2Fからあげておくこと(大人数に対応する為)、3F女子更衣室を緊急パントリーとして使えるようにしておくこと(麺室が一切使えない為)、これくらいが私個人の反省かな。

あとホール全体の事前準備や伝達に関する反省は、殴り書きながらも書き留めてあるのでちゃんと整理しておこうかな。うっかり私が次回大晦日いないとも限らないし。うっかり居るかもしれないけども。

計画通り三賀日は家から1歩も出ず、むしろ気絶してました。
個人的には11月23日のお店の大掃除からのツライツライ長期戦でした。
途中もう神経がオーバーヒートか、とか、ノロウイルスにかかったりとか、怒られて悔し泣きとか、色々ありましたがそれももう毎年のこと。限界に挑戦の様相を呈してきてますが、人間結構なんとかなるもんです。ちょっと気持ちが強くなったかな?どうかな??という年末繁盛期でした。
posted by クツコリーナ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | a noodle [soba] shop. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。